・時間がかかるからこそ

0625_1.jpg
50年代のバイカーサブカルチャーの先駆けシーンに出現したウォレットチェーン。
ファッションアイテムというよりかは運転中の財布の落下、紛失を防ぐための
防護品でしたが、70年代のパンクムーブメントに飛び火。アクセサリーとして
また盗難やスリの被害を回避できる上、ライブなどでの激しいダンスや
モッシュピットでどれだけ暴れても財布をどこかに飛ばしてしまうということも
避けられる為、パンクの人には願ったり叶ったりのアイテムだったようです。
2016年にはファッションコレクションのランウェイにも登場するほど定着している
アイテムです。

0625_5.png
スーツやジャケットとも相性がいいフォーマルなスタイル。
ウォレットチェーンが無いと少しスーツ感が増してしまい
サラリーマン風になってしまいますが、ウォレットチェーンが
あることでチョイ悪な遊び心を演出。


0625_7.jpg
定番のアメカジデニムスタイルでのウォレットチェーンは、
デニムの青色とアクセの金属色が相性もよく◎。


0625_6.jpg
チノパン、綿パンとのコーディネート。西海岸スタイルとも言われ
日本で流行っているバイカースタイルの代名詞です。


0625_8.jpg
Bill Wall Leather プレーンリンクウォレットチェーン

やはり1つ持っていると上級コーデまで大活躍のウォレットチェーンです。
ですがリングやペンダントと違い、高価でレアなものなので中々手を出せない
とお考えの方が多いですが、写真の通り1つ持って入ればどのスタイルでも
活用できるうえ、リングやペンダントは流行りがありますが、ウォレットチェーン
は一生ものといえます。

0625_4.jpg


気にはなっていたけど、聞くタイミングが。。。
高価なアイテムだから相談しても即決できないから。。。

ご相談だけでもOKですのでお気軽にお声掛け下さい。
逆に一生使うウォレットチェーンで、価格も高価なので
僕たちスタッフも逆に即お見積りやご請求できませんので(汗)

流れとしましては、、、

1.気になるブランドのカタログなどでベースとなるアイテムを選ぶ。
2.合成写真などご注文されるウォレットチェーンのイメージ画の制作。
3.海外のブランドにお見積り。
4.お見積り内容ご確認後、商品代金お預かり。
5.ブランドにて制作。
6.商品入荷。検品。お客様にご連絡。
7.お客さまご来店、商品お渡し。

とこんな流れとなります。ブランドにもよりますがオーダーから
仕上がりまで、約2か月程かかります。
時間がかかるからこそ、届いた時の嬉しさは格別なんですね☆彡

top_363.jpg
お支払方法も、現金、クレジットカード、オリコローンなど色々ご用意
致しております。現金との併用も可能。月々ご希望のお支払金額などの
シミュレーションも無料で承り致しております。





プロフィール
C.R.E.A.M. OSAKA
STAFF オクミネ ツジイ タカマツ トダ

日常で見つけたCREAMの新鮮なおもしろ話をお届けします、乞うご期待!ブログ見てお店に来られた方は感想教えてください!!


C.R.E.A.M. TOKYO
STAFF タナカ、ミヤモト、オマタ

TOKYOスタッフがお届けする最新のHOTな情報が満載!
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード -このBlogを携帯で見る-
QR